どうも、鶴岡です。初エントリーです。

今回は関羽と張飛がもたらすメリットとデメリットの話をします。
といっても実際の関羽と張飛では無いです。

最近弊社では、大きな人事を2度行いました。6月に進をCOOとして、8月からは藤川をCTOとして迎えました。

そう!気がつくのが早いですね!
この2人が僕にとっての張飛と関羽です。

BASEを創業してもう1年半以上。現在では30人近いメンバーとなりました。

嵐の様に過ぎ去ったこの1年半ですが、今思えばあの時ああすれば良かったとか、こうすれば良かったとか死ぬほど思います。

しかし、右も左も何も分からない当時の僕たちに出来る中での選択としては、なんとか良い選択を行いながらやってこれたんでは無いかなと思っています。

幸いな事に環境や市場にも恵まれ、自ずと日々出てくる目の前の課題・問題をこなしていけば良かった今までに比べて、年明けくらいからは今後いかに戦略的にBASEを大きくしていけばいいのかという事も考えられるようになりました。

どうすれば最短距離で事業を進めて行けるのか。どうすればBASEの成長と共存する形で、メンバーに成長と勉強の環境を提供することが出来るのか。

その考えの結果の一つが今回の人事となっています。

殆どが20代前半のメンバーで今までBASEを作ってきた僕達にとって、それ相応に経験や思考がある方々をお迎えするのは、良い事悪い事含めてそれなりの変化は必要不可欠で、怖い気持ちも少しはあったかもしれません。

しかし、2人に何としてでもお手伝いして頂きたいと決めてからは、なんの迷いもなくお誘いする事が出来て、幸いな事に朝オフィスに出勤すれば2人ともそこに居る現状となりました。
(何故この2人にお願いしたかというのは、今となっては身内を褒めるようで気持ち悪いので省きます)

CTOに関しては今までの渡邉との交代という形となっていますが、現状の会社を作るまでは渡邉で良かったと思っていますし、これからの組織を形成しながら成長するフェーズとしては藤川の方が適任だという判断をしました。
ここの判断に関して言えば、今後は対象が僕になるという事も当然例外ではありませんし、会社の成長が何よりの優先事項です。

さて、2人が入ってからですが、今はメリットだらけだなと感じています。

今まで僕達に無かった多くの考え方や経験が一気に会社へと降りてきました。これは僕だけでは無くて、ウチで働いている皆も露骨に感じているレベルかと思います。

社会人経験が無い僕を筆頭に、多くのメンバーが社会に出たことも無いレベルだった弊社に、様々な考え方や解決方法が導入され、僕も今まで以上にこれからの事を考えられるようなったし、会社全体に今までに無かった安心感とそれと同等の焦りみたいなのも出てくるようになりました。

これから更にもっと良くなっていくはずです!

さらに、事業の成長は勿論の事ですが、藤川のブログでも言及していたように、ウチでしか出来ない経験をメンバーに一杯させてあげれるように。
技能・思考・経験・知識、それは人それぞれ全然違うと思いますが、これに関しては今まで以上に強く意識するようになりました。

これからが本番だと思いますが、より良いチームに出来るように、より良い事業が出来るように。
いくつか新たに大きな試みにもチャレンジしているので徐々にアウトプットしていける予定です。
様々な壁にぶち当たりながら着実に進めて行かなければなと思います!

デメリットとしては、平均年齢が大きく上がった事です。これは今まで若さを売りにしていた弊社にとってはダメージかもしれません笑

2人だけに限らずメンバーが増えれば増えるだけ、出来ることも増えて楽しいですね!

アウトプット・スピード・セキュリティが今後のテーマです。

さぁここだけを言いたかったといっても過言では無いですが、僕らはまだまだ孔明や趙雲、馬超を募集しています。
特にエンジニア・デザイナー・経理スタッフは急募中です!

では!

Pocket